メインイメージ

被災した廃車

被災した廃車の買取について

最近、廃車を買取する業者が増えています。10万kmを超える走行距離、10年以上の低年式など市場では全く値段がつかない車であっても、無料で引き取ってくれたり、或いは有料で買い取る業者が増えているのです。従来では廃車というとその費用を支払って行ってもらうことが常識であり、実際に登録抹消やリサイクルにおける処理など本来はお金がかかるものでした。しかし、これらの費用を業者が負担し、且つ買取もしてくれる、その理由はどこにあるのでしょうか。

大きな理由の一つに、日本車が海外で高く評価されている点があります。海外では自動車は非常に高価で、自分で新車を購入して乗れる人はほんの少しの富裕層しかいません。特に東南アジア諸国では日本車は非常に人気があり、その為日本国内では廃車になるような古い車でもお金を出して購入する人が多い為、業者は廃車費用を負担しても海外で売却することにより十分な利益が得られるのです。

しかし、これはまだ走ることの出来る車の話だと思っている人は多いでしょう。事故車や水没車など、動かなくなってしまった車は海外でも需要はないから、廃車費用を負担しなければいけないのではないかと思っている人も少なくありません。しかし、実際には事故車や水没車を無償で引き取ってくれる業者は少なくありません。

その理由は、事故車や水没車にも価値があるからです。これも日本車の品質の高さにあります。車はいくつもの部品で構成されていますが、車としては走行できなくなっても部品としてまだまだ使えるものがたくさんあるのです。その一つ一つが国内もしくは海外で売却することができるため、業者は廃車を行い解体するために費用を支払っても、まだ利益を得ることができるため、無償で廃車の引き取り、または買取を行うのです。

それは被災した車であっても同じです。地震で下敷きになったり、津波で水没した車であっても、使える部品はたくさんあります。その為業者は被災した車であっても査定を行い、無償で引き取りもしくは有償で買取を行ってくれます。廃車の為に費用を支払うというのはもう昔の話になっているのかもしれません。

このように廃車にする車だからとあきらめずに、まずは業者に査定をしてもらい、その車がいくらになるのかを見積もってもらうことは大切です。廃車費用がただになることはもちろん、有償で買い取ってもらえる可能性もあるので、是非一度見積もりをしてもらうことが大切です。”

Copyright© 2016 廃車の買取りの利用と仮ナンバーについて All Rights Reserved.